Windows10 ユーザアカウントの追加方法(ローカルユーザ)

ユーザアカウントの追加方法を説明します。ユーザの種類はローカルユーザになります。
Windows10のユーザの種類については、過去にまとめていますので、ご確認お願いします。

Windowsにサイインできるアカウントの種類
本日は、「Windowsにサイインできるアカウントの種類」といったテーマで解説させていただきます。Windows10になって、私はこの違いがもっとも難しい分野のひとつと感じます。本記事を確認いただき

今回追加するユーザは、ローカルユーザです。
追加する方法は、2つあります。結果はどちらでも同じですので、やりやすい手順がよいと思います。

ローカルユーザを追加する2つの方法です。
1.設定からローカルユーザ追加
2.コンピュータの管理から追加
個人的にわかりやすいのは、2つ目のコンピュータの管理からです。

設定からローカルユーザの追加

設定画面を起動し、「アカウント」をクリックします。

「職場または学校にアクセスする」をクリックし、右側画面から「その他のユーザーをこのpcに追加」をクリックします。

出力された画面から「このユーザーのサイイン情報がありません」をクリックします。

続いて出力された画面から「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。

続いて、「ユーザ作成」の画面です。
「ユーザ名」と「パスワード」を2回、「パスワードを忘れた場合のヒント」を3つ入力します。
入力後、「次へ」ボタンをクリックします。

ユーザ「test_settei」が追加されました。

ユーザ作成直後は、アカウントの種類が「標準」となっています。
すべての機能をつかえるように「管理者」へ変更します。

test_setteiをクリックし、「アカウントの種類の変更」ボタンをクリックします。

「管理者」を選びます。

以上で完成です。

コンピュータの管理からユーザの追加

スタートボタンを右クリックし、「コンピュータの管理」をクリックします。

「コンピュータの管理」画面から「ローカルユーザとグループ」をクリックします。

メニューから「操作」をクリックし、「新しいユーザ」をクリックします。

「新しいユーザー」を追加する画面が出力されます。
「ユーザ名」「パスワード」を設定し、「作成ボタン」をクリックします。

「test_com」ユーザが作成されました。

「test_com」ユーザを右クリックし「プロパティ」をクリックします。

出力された画面から「所属するグループ」タブをクリックし、「追加」ボタンをクリックします。

出力された画面から「詳細設定」をクリックします。

「検索」ボタンをクリックし、表示されたグループから「administrators」をダブルクリックします。

OKボタンをクリックします。

以上で終了です。

まとめ

本日は、Windows10のローカルユーザの追加方法でした。

タイトルとURLをコピーしました